子ども現代、妊娠を望んでもなかなか実現できない方が多くいます。
それは出産の高齢化が大きくあります。
女性は生まれながらにして卵子を持っています。
年齢を重ねるとその卵子の質と量が減ります。
そして、子宮環境もどうしても悪化してしまいます。
ホルモンの分泌が下がることでたとえ卵子が正常に排卵され精子と受精しても、その受精卵がたどり着いてそこで細胞分裂をするべき子宮壁の厚みがなくなり、クッション性が失われていくため受精卵がそこにとどまることが出来なくなってしまうのも不妊の原因になります。
総合的に妊娠機能が落ちてしまう状態になるということなのです。
男性の生殖機能も年齢が上がれば落ちます。
精子の運動率が下がると受精しにくくなるのです。
妊活において、サポート力になるのが葉酸です。
葉酸はホルモンの分泌を促す働きがあるので、排卵を正常に行わせたり、子宮内環境を整えることにつながります。
また、妊娠初期に葉酸が不足すると脳や神経系や心臓の形成に異常をきたし、障害を持って生まれる可能性が高くなりますが、きちんと葉酸を摂取することでそれが回避できるのです。
子ども男性の生殖機能にも良い効果を促すので、妊活中の夫婦で摂るべき栄養素と言えます。
葉酸は色々な野菜やレバーなどに含まれていますが、手軽に確実に摂るためにはサプリが適しています。
飲むだけで一日の必要量継続して摂れるので、赤ちゃんを迎える体つくりに最適です。
サプリは持ち歩きもできるので、飲み忘れも防げます。
健康な赤ちゃんを授かるために、飲むことが良いのです。