出産近年の日本では晩婚化が進み、初産やその後のお産についても同じ一途をたどっています。
その出産の中でもリスクが上がってしまうのは、早産と流産です。
一般的な年での流産の確率は13パーセントとされていますが、高齢出産となると20%に跳ね上がります。
しかし、すべての人がこうなるわけではありません。
正しい知識と体調管理で、安産で終えることの出来る可能性も上がります。
今回はその妊娠生活をご紹介したいと思います。
まず、体調管理には余念がない状態にしなければなりません。
自分の体調の変化にはすぐに気づけるように、毎日の体調を記録しておいたり、体重や顔色など細かく 変化は覚えておきましょう。
リスクを軽減するためには、自身の細かく行き届いた努力が必要となります。
そのためにも、自己管理は徹底して行いましょう。
そして、バランスのとれた食事をすることは絶対条件です。食事これは妊娠高血圧症候群の回避にも繋がりますし、前述した健康管理の一端を背負っています。
また、子どもが産まれた後の母乳の出具合にも関係してくるので、塩分や糖分やカロリーの過剰摂取は控えめに、 このあたりは通常の健康管理を真似れば良いです。
また、最も心配されるのは染色以上によって産まれるダウン症候群などの障害です。
これらは微々たるものではありますが、葉酸を摂取することで可能性を軽減できるので、頭の隅に置いておきましょう。
高齢出産となると、育児も体力的な面で大変となりますが、その過程の喜びは数え切れないほどです。
ぜひ幸せな妊娠生活にしましょう。